トップに戻る
 ご自宅で安定した療養生活を支援するために、訪問看護ステーションの活動は平成4年12月からスタートしています。平成12年1月末現在、全国各地に4133ヶ所が開設され、20万人以上の訪問看護を必要とする方々に利用されています。

 介護保険においても訪問看護ステーションの使命と役割は変わりません。保健師(士)、助産師、看護師(士)、准看護師(士)が、ご家庭を訪問して次のような療養上のお世話や診療の補助を行います。
 訪問看護ステーションは医療保険・介護保険の全ての分野で訪問看護を実践し、多くの問題点に対しても、そのキャリアとノウハウを十分発揮し、在宅療養を支えQOLの向上に努めます。

サービスのシステム
トップに戻る