「特定健康診査・特定保健指導」が始まります

平成20年4月から、各医療保険者において、40歳以上75歳未満の被保険者・被扶養者を対象とし、内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)に着目した生活習慣病予防のための新しい健診・保健指導が実施されます。

医療ナビ

特定健査

内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)に着目した、生活習慣病予防のための保健指導が必要となる人を抽出するために行われる健診です。
健診項目には、腹囲の計測が追加され、内臓脂肪の蓄積程度と高血圧・高血糖等のリスク要因の数により、特定保健指導のレベルが決まります。

特定保健指導

全ての健診受診者に健診結果と健康づくりのための「情報提供」を行い、健診の結果、必要な場合にそのレベルによる保健指導「動機付け支援」「積極的支援」を実施します。これは、対象者が自分の健康状態を自覚し、生活習慣の改善のために自主的な取り組みを継続的に行うことができるよう様々な支援を行うものです。

ページトップ

  • 荒尾市在宅医療連携室『在宅ネットあらお』
  • 日本医師会
  • 熊本県医師会
  • 医療ナビ.com
  • 私たちと一緒に働くスタッフを募集しています
  • 荒尾市民病院